2010年05月25日

非実在攻ショタと非実在受おっさんについて

「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」の受付が始まったのでご協力お願いします。
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/05/post-6e5c.html

漫画だけで小説は含まれません、と都の出したテキトーなQ&Aにはありましたが、条例文にはっきりと「小説は含まれない」と書かれない限りは嘘だと思ってますし、小説でも映画でも漫画でも、創作物が法律で規制されるのは間違っていると思います。


今現在がまだぎりぎりセーフ(グレー)であったとしても、既に自主規制は始まっています。
実際に『DLsite.com』では、遅くとも2007年夏から小説に対しても企業による自主規制が始まっています。


ややこしくなるので箇条書きで説明します。

・2007年3月 オリジナル小説(18禁)をDL販売登録申請。
宣伝用に表紙データを使った画像を作るが、解りやすくするため登場人物の年齢を入れる。
「ショタ(11歳)攻×担任教師(38歳)受」

・登録申請後「画像にある年齢がまずいので、消すか修正を入れて欲しい」と連絡。
攻(11歳)の年齢にモザイクを入れる。
参考画像
内容についてのチェックは無し。本文での年齢はそのまま。

・2007年8月 続編(18禁)をDL販売登録申請。
宣伝用の表紙データには、前回のことを踏まえてモザイクをいれておく。

・登録申請後「本文にある(18歳未満の登場人物の)年齢や学年、年齢のわかる『ランドセル』という単語などを全て修正するかモザイクをかけてほしい」と連絡。
PCゲームの仕事をしていたので「データはソフ倫基準なのかな」と思いながら、年齢・学年をモザイクではなく伏字修正。『ランドセル』は『鞄』に修正。
※その単語を使ったのはエロシーンではない。
参考画像1 参考画像2
苦し紛れの言い訳文(PCゲームの真似)も追加。
参考画像

・但し、それ以前に申請したもの2冊(前作と他作品)に関しての修正依頼は無し。他作品も攻キャラの年齢は14歳。

・同時期に他DLサイト(デジケット・コム)への登録をしたが、そちらでは修正依頼無し。


補足として、内容はエロというよりももやもやしたものを吐き出すようなものです。


ここからはネタバレと自分の考えを少し。

■内容とキャラクター設定について■

・主人公の小学校教師(38歳男性)
受けキャラ。
ペドフィリアで唯一の性経験が援助交際によるもの。相手は12歳中学生なのに非処女だったことに傷付いている。
ファイル交換ソフトでリアル児童ポルノを収集。
現在教え子の10歳少女に恋をしている。少女の使用済み競泳用水着(クロッチ部分)をいじくりまわしているところを、教え子男子に見つかってしまう。

・小学五年生(11歳男子)
攻めキャラ。体格の良い年上男性への性的感心が高く、性知識が豊富。担任教師を泣かせることで興奮して勃起・射精。
自分に恋する女子児童のわいせつ写真を撮り、それを教師に見せて自慰させる。

・小学四年生(10歳女子)
主人公が恋する相手。攻キャラのことが好きで、攻キャラの言うことを何でも聞く。性器を露出させた写真も撮らせる。



自分なりに「えげつないかな」と感じる箇所は1冊目に多いのですが、修正依頼はありませんでした。

今となっては求められた修正が不思議でなりません。
当時はよく理解していませんでした。


私はずっと妄想癖のある子供でしたが、漫画や小説を読んで育ち、今では(少しだけですが)お話を作ったりそのお手伝いをして、お金をもらえるようになりました。
エログロ猟奇描写も殺人ものも大好きです。でも犯罪者にはならずに一庶民として生活しています。

自分には無理ですが、これから誕生する素晴らしい作家達の芽を摘むようなことはしてほしくないし、無駄なことに税金を投入する前に「創作物ではない実在する人間」を助けることに力を入れて欲しいです。
posted by やんちゃ受大好きっ子 at 03:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ショタ攻め
この記事へのコメント
丁寧なまとめありがとうございます。
リンクさせていただきます。
Posted by おた子 at 2010年05月26日 00:17
お役に立てれば幸いです。
いろんな方に危機感持っていただけたらなと思いました。
Posted by やんちゃ受大好きっ子 at 2010年05月27日 01:18
このブログ(記事)はリンクフリーなので「こんな恐ろしいことがあるよ」と他の人への説明にどうぞ使ってください。
Posted by やんちゃ受大好きっ子 at 2010年05月27日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38498184
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック